ドッグアジリティ競技

コース内に設置された様々な障害物を、正しい順番でクリアしてゴールまでのタイムを競う競技。

障害物

タッチ障害

Aフレーム

ドッグウォーク

シーソー

ジャンピング(JP)

ハードル

ロングジャンプ

レンガ

トンネル

スラローム

アジリティ(AG)

ジャンピングの機材+タッチ障害

クリーンラン(CR)

JPまたはAGのコースを、ミスなく、所定の「標準タイム」内に走ること。

=パーフェクトラン

完走

失格にならずにゴールまでたどり着くこと。

ゴールタイム、旋回指数、席次などが成績として残る。

席次

順位のこと。

アジリティ競技では、1席、2席、という言い方をする。

 

順位は、まず、クリーンラン(減点なし)の犬をタイム順に並べる。

以降、減点の少ないものからタイム順に席次が決まる。

(タイムが速くても、ミスがあれば上位に行けない)

標準タイム

コースごとに設定され、標準タイムをオーバーするとタイム減点(=秒数)が加算される。

制限タイム(リミットタイム)

通常、標準タイム×1.5で計算される。リミットタイムをオーバーすると「失格」となる。

旋回指数(旋回スピード)

コース全長÷標準タイムによって導き出される「1秒間に進む距離」

失敗(パーの手)

1回の失敗に付き、5点減点される。

  • バーノック
  • ノータッチ
  • スラ抜け
  • バッティング(犬の走行ラインにハンドラーが入ってぶつかること、犬が飛びついてくるのはセーフ)
  • 犬に触る
  • 障害物に触る

など

拒絶(グーの手)

1回の拒絶に付き、5点減点される。

3回拒絶が付くと「失格」となる。

 

  • 障害物(の入口)を通り過ぎる、
  • 飛ぶこと(登ること)を躊躇し止まる、
  • トンネルに一度入ったが逆走して出てしまう

など

拒絶ライン

各障害物には、拒絶ラインが設けられている。

 

  • トンネル入口の延長線上
  • タッチ障害の登り口の延長線上
  • タッチ障害の、下りに入る前
  • スラロームの2本め

など

 

失格

失格すると、席次が残らない

 

  • ミスコース(順番と違う障害物に行ってしまう)
  • 障害を正しくクリアしない(スラロームを最後の1本が抜けたまま次へ進んでしまうなど)
  • 拒絶3回
  • リンク内での排尿行為(ゴール後であっても失格となる)
  • ハンドラーが犬が飛ぶ前の障害を倒してしまう(犬がクリアすべき障害がなくなる)
  • 首輪を付けたまま走行する
  • リードやおもちゃ、おやつなどをリンク内に持ち込む
  • ハンドラーが手袋をして走行する
  • 犬への過度な強制

退場

JKC競技会では、競技会ごとにルールが設定される。当日の天候や出走数によって決められることが多い。

失格即退場や、失格したら標準タイムで退場(失格していなければリミットタイム内走行可能)などがある。

 

OPDES競技会は、失格してもリミットタイム内は走行できる。

流れに乗って走っていれば、多少時間がオーバーしても走らせてくれたりする。

主催団体

アジリティ競技を主催している団体は、おおきく2つあり、その他、ローカル大会(草アジなどオープンなもの)や、クラブが主催する非公式なものなどがある。

OPDES(犬の総合教育社会化推進機構)

JKC(ジャパンケネルクラブ)

種目

種目(共通)

AGとJPそれぞれ、1度から3度のレベルに分かれている。

上級クラスに進むためには、条件をクリアする必要がある。

AG1

JP1

AG2

JP2

AG3

JP3

種目(OPDES)

ノービス1(NV1):ハードルとトンネルのみから成る初心者向けコース

ノービス2(NV2):ノービス1にタイヤをくわえたもの

 

スティープルチェイス(STP):ジャンピング障害にAフレームをくわえたもの。拒絶を取られないので、純粋にタイムを競う競技である(失敗減点あり)

 

ギャンブラー(GB):コース内に設置された機材から自由にコースを作り走る競技

スヌーカー(SN):レッドバーと他の障害物を交互にクリアするオープニングと、指定された順番に障害物をクリアするクロージングから成る競技

 

IFCS JP

IFCS AG

種目(JKC)

アトラクション(ビギナー)1

アトラクション(ビギナー)2

アトラクション(ビギナー)3

クラス

犬の体高(地面から肩甲骨までの高さ)によって、出場クラスが決まる。

クラス(OPDES) USDAAの体高基準に準じている

標準クラス

25cmクラス  (体高30.48cm以下)  →  バーの高さ25cm
35cmクラス  (体高35.56cm以下)  →  バーの高さ35cm
40cmクラス  (体高43.13cm以下)  →  バーの高さ40cm
50cmクラス  (体高48.26cm以下)  →  バーの高さ50cm
55cmクラス  (体高53.34cm以下)  →  バーの高さ55cm
60cmクラス  (体高53.35cm以上)  →  バーの高さ60cm
パフォーマンスクラスミニ    (体高30.48cm以下)  →  バーの高さ20cm
ミディアム (体高40.64cm以下)  →  バーの高さ30cm
スタンダード(体高53.34cm以下)  →  バーの高さ40cm
ラージ   (体高53.35cm以上)  →  バーの高さ50cm

IFCSクラス

30cm(Toy) 体高30cm以下    →  バーの高さ30cm
40cm(Mini) 体高40cm以下    →  バーの高さ40cm
50cm(Midi) 体高50cm以下    →  バーの高さ50cm
60cm(Maxi) 体高50.1cm以上    →  バーの高さ60cm

クラス(JKC)

S(スモール):体高35cmまで、メイン犬種はトイプードル、パピヨン、ジャックラッセルなど

M(ミディアム):体高45cmまで、メイン犬種はシェルティ、ミディアムプードルなど

L(ラージ):体高45cm以上、メイン犬種はボーダーコリー

昇格(OPDES)

AG1を2回、減点5以内で完走→2度昇格

AG2を2回、減点5以内で完走→3度昇格

AG3をクリーンランすると「セミファイナル権」を獲得できる。

さらに、別日の競技会でAG3で「クリーンラン1席」の成績をとると、「ファイナル権」を獲得できる。

OPDES Japan Grand Prix(ジャパングランプリ)

毎年5月に開催される、1年間の集大成競技会。

AG3のファイナルは、USDAA日本代表選考会の場となる。

セミファイナル権(OPDES)

ジャパングランプリ(アジアグランプリ)のセミファイナルを走ることができる権利。

シーズン中にAG3を「クリーンラン(席次は問わない)」の成績を取得するか、

グランプリ当日に、クォーターファイナルをCRすることが条件。

ファイナル権(OPDES)

ジャパングランプリ(アジアグランプリ)のファイナルを走ることができる権利。

シーズン中にAG3を「クリーンラン(席次は問わない)」「クリーンラン1席」の成績を取得するか、

グランプリ当日に、セミファイナルをCRすることが条件。

USDAA(United States Dog Agility Association)

IFCS

昇格(JKC)

AG1を3回クリーンラン→2度へ昇格

AG2を3回クリーンラン→3度へ昇格

 

AG2、AG3では、アジリティポイントが発生し、一定数貯まるとチャンピオン登録ができる。

JP3、AG3では、クリーンランすると、選考会ポイントをためることができる。

クラブ、ブロック、本部、など、競技会のランクによってポイントが変わる。

FCIアジリティーワールドチャンピオンシップ派遣選考会(JKC)

アジリティー・ヨーロピアンオープン(JKC)